Photo by Nobuyuki Kobayashi (IM体育 graduate, 2004) and Manabu Miyamoto
Photo by Nobuyuki Kobayashi (IM体育 graduate, 2004) and Manabu Miyamoto

Steven Lim

Master of Science in Education in TESOL

日本語版はこちら

The day after my very first class at Temple University, I was scheduled to undergo surgery. After the class, I approached the professor to let him know that, although there should be no issues, there was a chance that if something were to go wrong, I may not be able to attend the next class. Let’s be clear; although I was worried about the operation, I was obviously looking for sympathy. After all, undergoing surgery for the first time would surely worth a bump in grades if I was a borderline case.

This, I believed, was as difficult a situation as I could possibly face. As anyone could face. If I could overcome this challenge, the rest of the course would be smooth sailing by comparison. Surely, nothing could be as disruptive as this. A month later I found that there was, in fact, something that could be far more disruptive. Due to the impact of the pandemic, over the course of the next two years there was only a single semester which I was able to attend entirely in person.

Speaking to former Temple graduates, one of the things I was looking forward to the most was the opportunity to meet and form friendships with likeminded individuals. I’d heard about the camaraderie forged over post-class izakaya discussions, pre-exam coffeeshop study days, and joint research conducted with enthusiastic peers. I feared that the pandemic had robbed us of these opportunities.

And yet, despite the circumstances, we found a way to make it work. Over time, the online awkwardness faded, and the more I got to know my classmates, the deeper my respect for them became. I found in my fellow students some of the warmest, smartest, most dedicated, and most charmingly stubborn people I have ever had the pleasure of meeting.

Stubbornness isn’t just a quality inherent to graduate students, it’s a prerequisite. Because as much of a challenge as the pandemic has been for us all, for the people I’ve met on this course, it has been just one of many hurdles they’ve had to overcome to earn their degrees.

One student in my class had a beautiful baby girl midway through a semester, and only missed a week of classes. When her newborn daughter made an appearance in the following Zoom session, I’m sure she became the youngest ever Temple graduate student. Another, due to a ridiculous string of unpredictable events ended up flying from Tokyo to Osaka to attend her IM体育 classes at the Osaka campus every week. Including her hotel bills I feel it’s pretty safe to say those were the most expensive 3 credits anyone has ever earned. One student was so nervous about public speaking that she used to monitor her heartrate before presentations. Another woke up at 3am every day to do the readings for her classes because she simply didn’t have enough hours in the day. These are just a few of the countless examples of how Temple students overcome adversity to earn their degrees. To them, and to all the students who had the courage and the self-belief to attend an American university when English was not their first language, you have my utmost respect and admiration.

I leave this course not with a sense of regret for opportunities missed, but with one of gratitude. Gratitude to the office staff for their grace and infinite patience in the face of the issues caused by an ongoing two-year crisis. Gratitude to the professors who changed my opinion of TESOL from something I had to do, to something I wanted to do. You made me see this degree not as a series of boxes to be ticked, but as an opportunity to better myself both academically and personally. And gratitude to my fellow students. Without the help of my grandmother, and the help of my partner, I would never have started this course. But it was the help of my peers which I needed to see it through to the end.

For graduate students, your life doesn’t revolve around study, you have to find a way to force study into your life. You have to carve out time, and everyone has had to sacrifice something. Whether it’s time with your family, your friends, your career, or just the time to relax, we’ve all had to give up something. All that sacrifice is for today. I do not deserve to represent you. But I consider it an honor to do so, because it gives me a chance to thank you. You encouraged me. You inspired me. To my fellow students, my friends, I offer my heartfelt congratulations and my thanks. Thank you.

スティーブン・リムさん

教育学修士

写真撮影:小林伸行(2004年学部課程卒業)、宮本学 
写真撮影:小林伸行(2004年学部課程卒業)、宮本学 

テンプル大学での最初の授業の翌日、私は耳の手術を受ける予定になっていました。 授業の後、私は先生に、(手術に関して)何も問題はないはずだが万一何かあったら次の授業には出られないかもしれないと伝えました。はっきり言いましょう。手術はもちろん心配でしたが、私は明らかに多少の情状酌量を求めていたのです。初めて手術を受けるという事実は、成績でも、同情点をもらえるくらいの効果があると勝手に思っていました。

 そのとき私はこんなふうに思っていました。これは私にとって、いや他の誰にとっても、直面しうる人生のシナリオのうちで最も困難なものだ、(大学院に入学して最初の)このチャレンジを乗り越えることができたら、残りの勉強なんてきっと楽に感じるだろう、これほどの困難なんてきっと他にはないはずだ、と。そして1か月後。現実にはそれよりはるかに困難なものがあると、私は知ることになりました。その後の2年間、パンデミックの影響により、私が完全にキャンパスで授業を受けることができたのはたった1学期だけです。

 (入学前に)テンプル卒業生の話を聞いて私が最も楽しみにしていたことのひとつは、志を同じくする人々と出会い、絆を育む機会でした。授業の後に居酒屋で話し合ったり、試験前にカフェで一緒に勉強したり、熱心な仲間と共同研究に打ち込んだり。そういうことを通じて友情を深めたという話を聞いていたからです。コロナ禍のせいで、私たちはそういう機会を奪われてしまったのではないかと危惧しました。

 しかし、そんな状況下であっても、私たちは(絆を育む)道を見つけました。時間が経つにつれてオンライン特有のやりにくさは薄れていき、クラスメートのことを知れば知るほど、私は彼らへの尊敬の念を深めていきました。私のクラスの仲間たちは、これまで出会ったなかでも最高にやさしく、最高に賢く、最高に勉強熱心で、そして最も素敵な一徹さを持った人たちです。

 頑固一徹であること。それは大学院生特有の性質というだけでなく、(大学院生になるための)必須の前提条件でもあります。パンデミックは誰にとってもたしかに困難な出来事でしたが、私がこのコースで出会った人々にとってはみな、学位取得に向けて乗り越えるべき多くのハードルのひとつ過ぎなかったのです。

 同じクラスの学生の一人は学期の途中で出産しましたが、クラスを欠席したのは1週間だけでした。生まれたばかりのお嬢さんが次のオンラインクラスで画面越しに登場したとき、彼女はテンプルの大学院史上最年少の受講者になったはずです。もう一人の学生は、予想外のおかしな一連の出来事が原因で、一つのクラスを大阪キャンパスで受講することになり、毎週東京から大阪へ飛行機で通っていました。ホテル代を含め、これまでで最も高価な3単位だったといって間違いないでしょう。また別の学生は、人前で話すと極度に緊張するといって、プレゼンテーション前に自分の心拍数をモニターしていました。さらに別の学生は、毎日午前3時に起きてクラスに臨む準備をしていました。そうしなければ日中の時間が足りなかったからです。これらは、テンプルの学生が学位取得を目指してどのように逆境を克服してきたか、その数えきれない例のほんの一部に過ぎません。こうした学生たち、そして英語を母国語としないにもかかわらずアメリカの大学で学ぶという勇気と自信を持ったすべての学生たち。すべての学生のみなさんに対し、私は最大限の敬意と称賛を惜しみません。

 私はこのコースで達成できなかったことを悔やむのではなく、感謝の気持ちとともに卒業します。2年間が過ぎ、まだ継続するコロナ危機の状況下においても、優しさと忍耐力をもって支えてくださった教職員の方々へ感謝します。TESOLを、自分にとってやらなければならないことから、自分がやりたいこと、に変えていただいた先生方に感謝します。この学位とは、チェックボックスに印をつけるものではなく、学問的、そして自分自身を向上させる機会であると私に思わせてくれました。そして、仲間への感謝です。祖母の助けや自分のパートナーの協力がなければ、この学位取得を目指さなかったでしょう。しかし、最後までやり遂げるために必要だったのは、仲間の助けでした。

 大学院生の皆さん、あなた方の生活は勉強を中心に回っているわけではなく、生活の中に勉強を押し込む方法を見つけなければなりません。(勉強の)時間を絞り出し、誰もが何かを犠牲にしなければなりません。家族や友人との時間であれ、キャリアであれ、あるいはただリラックスする時間であれ、勉強時間を確保するために私たちはみな何かをあきらめなければなりませんでした。それらの犠牲はすべて、今日のためだったのです。ともに勉学に励んできた学生のみなさんに、心からのお祝いと感謝を捧げます。ありがとうございました