Virginia Kate Gillenwater Kita

Virginia Kate Gillenwater Kita

Master of Science in Education

日本語版はこちら

Ms. Kita目前在一所日本学校(7-12年级)教英语。. IM体育和她谈论了她为什么选择攻读教育科学硕士(M.S.Ed.)和她的梦想/目标.

What do you do in your current job?

我教初中生英语发音, communication phrases, writing, and phonics. 在高中阶段,我教一年级和二年级的学生“口语交际”课程. 我的职位包括创造和实施课程, 以及帮助设计适合每个层次的考试. 最重要的是让课程充满吸引力和可理解性,同时又具有挑战性.

你为什么想攻读硕士学位?

在来日本之前,我已经决定要做一名教师. 我在美国有教授西班牙语、社会研究和英语的执照. 来到日本后,为了更好的满足学生的需求,我想进行TESOL的教师培训. 我还想要一份在小学和大学阶段有用的证书, 这也是我选择硕士学位项目的原因.

你在IM体育期间遇到的最大挑战是什么?

对我来说,最大的挑战是挤出时间来学习,一周又一周地上课, given my commitments at work and home. 在报纸发行的高峰期,这项挑战尤为艰巨, presentations, and studying for exams all came at once.

How did you overcome that challenge?

I learned to make better use of my time. 我总是努力跟上阅读进度,并在截止日期之前就开始准备论文和演讲. 我还找到了利用火车通勤时间的方法.

你认为你在IM体育的学位和经历对你未来的职业生涯有什么帮助?

TESOL的硕士学位已经在课堂上帮助了我. 我相信拥有这个学位能证明我对这个领域的投入,以及我在不同环境下教英语的愿望. 我也相信这会促进我的事业, 因为这个学位将使我有资格获得未来的机会,否则我可能不会被考虑.

告诉IM体育你的梦想和愿望.

我的梦想是成为一名优秀的老师. 我希望能够与不同能力水平的学生清晰有效地沟通, and to make English accessible to them. I hope I can motivate students to take on the hard work of trying to master a foreign language; moreover, 我想让他们相信这个目标是可以实现的. 最后,我想从不同技能水平和能力的学生身上获得经验. 我也希望有更多的机会研究与语言习得和动机相关的课题.

喜多 バージニア・ケート・ギレンウォーター

喜多 バージニア・ケート・ギレンウォーター

教育学修士(M.S.Ed.)

喜多さんは現在、中高一貫校で英語教員として働いていらっしゃいます。教育学修士を取得しようと考えた理由や、将来の夢・目標などを伺いました。

現在の仕事内容を簡単に教えてください。

中学生に基礎発音,コミュニケーション・フレーズ,ライティング,音声学を,高校では1年生と2年生にオーラル・コミュニケーションを教えています。また,授業づくりやその実施のほか,それぞれのレベルに即した試験の企画サポートも行っています。授業を魅力的に,わかりやすく,しかもやりがいのあるものにすることに重点を置いて教えています。

修士を取得しようと思った理由はなんでしょう?

来日する前から、教員になろうとすでに決めていました。アメリカで,スペイン語、社会科,英語を教える資格を持っていますが,日本に来て,生徒のニーズによりよく応えていくためにTESOLという分野で教員教育を受けたかったのです。また同時に,初等教育でも高等教育でも有効な資格を取得したいと考えたのも,修士課程を選んだ理由です。

勉強中なにがいちばん大変だったでしょう?

仕事や家庭を両立しながら勉強するための時間を作り,毎週授業に出席することがいちばん大変でした。特に論文やプレゼンテーション,試験勉強が一度にやってくるピーク時には困難を極めました。

どうやってそれを克服しましたか?

時間の上手な使い方をを学びました。リーディング,論文やプレゼンテーションの準備は余裕を持って締め切りのかなり前から始めるようにし,通勤電車での時間を活用する術も発見しました。

修士号を取得したことやテンプルでの経験が,今後のキャリアにどのように生かせると思いますか?

TESOL修士での学びは、すでに教室で役立っています。学位を取得するということは,この領域に対してのコミットメント,そして異なる環境で英語を教えたいという私の意欲を示すことであると考えます。また,この修士号は,思いがけないチャンスを将来私にもたらし,キャリアアップにつながっていくと信じています。

喜多さんの人生の夢をお聞かせください。

私の夢は素晴らしい教員になることです。どの英語力レベルの生徒とも,明快にそして効果的にコミュニケーションできるようになって,彼らにとって英語を身近なものにしたいですね。外国語をマスターするための大変な勉強に向き合えるよう生徒たちのやる気を引き出し,ゴールは彼らの手の届くところにあるということを信じてもらいたいと思います。最終的に、さまざまなスキルレベル・能力の生徒たちと経験を積んでいきたいです。また,言語習得とモチベーションに関連したテーマの研究機会をもっと持ちたいと思っています。